カテゴリー別アーカイブ: 未分類

令和3年度 研究発表会のプログラムを掲載いたしました

自然災害研究協議会中国地区部会 令和3年度研究発表会 プログラム

日時: 令和4年3月13日(日)10:00~16:15
会場: Zoomによるオンライン
聴講希望の方は下記までメールにてご連絡ください.折り返しZoomのミーティングIDとパスコードを返送いたします.なお,登壇者,座長の方には別途ミーティングIDとパスコードをご連絡いたします.
連絡先:朝位孝二 kido@yamaguchi-u.ac.jp
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCfMJ_E8Soip-1sIO2xjKSiQ
共催: 山口大学地域防災・減災センター

10:00~10:05 開会挨拶 部会長:朝位孝二

第1セッション(10:05~11:05) 座長:白水 元

  • 山本晴彦
    わが国における遊水地整備計画の現状 第1報 2019年の牛津川と2020年の球磨川の洪水災害を事例として
  • 山本晴彦
    わが国における遊水地整備計画の現状 第2報 2019年台風19号による那珂川の洪水災害を事例として
  • 田邉虎太郎
    粟野川の遊水地効果の数値計算的検討
  • 梶川勇樹
    浅水流モデルを用いた射流場における橋脚周辺の局所洗掘解析

休憩(11:05~11:10)

第2セッション(11:10~11:55) 座長:和田孝志

  • 福丸大智
    深層学習を用いた6時間先の河川水位予測実現に向けた基礎的検討
  • 若澤啓太
    防災教育のためのカラー化された災害写真の利用に関する研究
  • 岩重圭吾
    自己組織化マップを用いた過去に災害を引き起こした台風の気象場パターンの分析

休憩(11:55~12:30)

特別講演(12:30~13:20)座長:朝位孝二

  • 「日本における気象津波の発生メカニズム」
    広島工業大学 教授 田中健路

休憩(13:20~13:30)

第3セッション(13:30~14:15) 座長:梶川勇樹

  • 白水 元
    2021年4月サイクロンSerojaによる東ティモール首都ディリの被災:衛星リモートセンシングによる調査
  • 大中 臨
    令和3年東ティモール豪雨におけるコモロ川流域の土石流・降雨流出氾濫シミュレーション
  • 田中健路
    フンガ・トンガーフンガ・ハアパイ火山噴火に伴う空気振動に誘発された津波について

休憩(14:15~14:20)

第4セッション(14:20~15:20) 座長:鈴木素之

  • 勝部智仁
    広島県における令和3年8月豪雨と平成30年7月豪雨の洪水・土砂災害危険度に関する比較解析
  • 和田孝志
    小規模ハード対策による土石流・洪水流複合氾濫時の避難安全性向上効果
  • 北内宏明
    落石防護工設計のための三次元DDAの活用
  • 西山浩司
    古記録の鹿家村御用留に基づく嘉永3年糸島豪雨の土石流災害の特徴

休憩(15:20~15:25)

第5セッション(15:25~16:10) 座長:西山浩司

  • 目山直樹
    3回のワークショップを通じた意見整理の手法の提案 住民参加型土砂災害ハザードマップ策定支援プロセスの検討#3
  • 目山直樹
    DIG作成支援ツールの開発 住民参加型土砂災害ハザードマップ策定支援プロセスの検討#4
  • 又野公香
    山口県における過去の自然災害と疫病の発生およびその連鎖性に関する一考察

16:10~16:15 開会挨拶 :次期部会長 鈴木素之

令和2年度 研究発表会のプログラムを掲載いたしました [2/24更新]

自然災害研究協議会中国地区部会 令和2年度研究発表会 プログラム

日時: 令和3年3月14日(日)10:00~16:50
会場: Zoomによるオンライン
聴講希望の方は下記までメールにてご連絡ください.折り返しZoomのミーティングIDとパスコードを返送いたします.なお,登壇者,座長の方には別途ミーティングIDとパスコードをご連絡いたします.
連絡先:朝位孝二 kido@yamaguchi-u.ac.jp

当日はYouTubeでのストリーミング配信も行います.予約なしで聴講できます.
https://www.youtube.com/channel/UCfMJ_E8Soip-1sIO2xjKSiQ

共催: 山口大学地域防災・減災センター

10:00~10:05 開会挨拶 部会長:朝位孝二

第1セッション(10:05~11:05) 座長:朝位孝二

  • 大中 臨(山口大学大学院)・赤松良久
    令和2年7月豪雨における球磨川上流部の氾濫解析
  • 田邉虎太郎(山口大学工学部)・稲葉 柾・白水 元・朝位孝二
    令和2年7月豪雨の球磨川流域の流量推定と人吉地区の氾濫シミュレーション
  • 山本悠人(山口大学工学部)・朝位孝二・白水 元
    SAR画像を用いた令和2年7月豪雨球磨川流域の浸水深推定
  • 奥村翼(山口大学工学部)・朝位孝二・白水 元・西山浩司
    SOMによる南九州に豪雨災害をもたらした気象場の分類

休憩(11:05~11:10)

第2セッション(11:10~11:55) 座長:白水 元

  • 山本晴彦(山口大学大学院)・渡邉祐香・兼光直樹・坂本京子・岩谷潔
    局地風による中国地方の強風災害 第1報 広戸風
  • 山本晴彦(山口大学大学院)・渡邉祐香・兼光直樹・坂本京子・岩谷潔
    局地風による中国地方の強風災害 第2報 大山おろし・弥山おろし
  • 西山浩司(九州大学大学院)・井浦憲剛
    壊山物語と現地調査から考察した享保5年の福岡県うきは市冠地区の土石流災害

休憩(11:55~13:00)

特別講演(13:00~13:50)座長:山本晴彦

  • 「命と暮らしを守る防災を目指して~フィールドワークの40年~」
    山口大学大学院創成科学研究科 准教授 村上ひとみ

休憩(13:50~14:00)

第3セッション(14:00~14:45) 座長:西山浩司

  • 山本晴彦(山口大学大学院)・渡邉祐香・兼光直樹・坂本京子・岩谷潔
    2020年台風10号の気象的特徴と街路樹・農作物における塩害の概要
  • 石丸太一(山口大学大学院)・鈴木素之
    底樋・洪水吐周りにおけるため池被災事例の分析と課題抽出
  • 上鵜瀬一真(山口大学大学院)・鈴木素之
    近年の地震で発生した地すべり・斜面崩壊の危険因子に関する考察

休憩(14:45~14:50)

第4セッション(14:50~15:35) 座長:榊原弘之

  • 目山直樹(徳山工業高等専門学校)・中野悠我・藤中亮輔・林謙一・寒川章
    率先避難を促す「声かけ」の仕組みづくりについて 住民参加型土砂災害ハザードマップ策定支援プロセスの検討#1
  • 目山直樹(徳山工業高等専門学校)・藤中亮輔・中野悠我・林謙一・寒川章
    マイ・タイムラインの作成により避難時期を自分が定める仕組みづくりについて 住民参加型土砂災害ハザードマップ策定支援プロセスの検討#2
  • 村上ひとみ(山口大学大学院)・村上寛史
    上関大橋と大島大橋の事故から考える上関原発計画と災害時避難の課題

休憩(15:35~15:40)

第5セッション(15:40~16:40) 座長:江口 毅

  • 矢原諒(岡山大学大学院)・西山哲・下野友裕・吉岡小百合・尾方浩平
    UAVを活用した河川巡視への人工知能の適用
  • 福丸大智(山口大学工学部)・赤松良久・新谷哲也・藤井晴香
    再帰型ニューラルネットワークによる観測雨量を用いた水位予測の検討~山口県厚東川流域を対象として~
  • 池田 誠(アジア防災センター)
    アジア地域における防災分野への宇宙技術の貢献
  • 張雨晴(岡山大学大学院)・﨑田晃基・西山哲・佐藤丈晴
    航空レーザデータを用いた落石発生源抽出の方法

山口大学地域防災・減災センターの紹介(16:40~16:45)

山口大学地域防災・減災センター長 鈴木素之

16:45~16:50 開会挨拶 :山口大学地域防災・減災センター長 鈴木素之

平成30年度 研究発表会のプログラムを掲載いたしました

自然災害研究協議会中国部会 平成30年度研究発表会 プログラム

日時: 平成31年3月17日(日)13:00~16:30
会場: 山口県宇部市常盤台2-16-1 山口大学工学部 D12講義室
番号 開始 発表者 所属 題名
13:00~13:05 開会挨拶 部会長:朝位孝二(山口大学)
第1セッション(13:05~13:50) ~座長:朝位孝二(山口大学)~
1 13:05~13:20 榊原弘之 山口大学大学院 高齢者福祉施設の水害対策の課題に関するアンケート調査
2 13:20~13:35 山本晴彦 山口大学大学院 洪水浸水想定区域に立地する老人福祉施設における洪水リスクの評価 第1報 南富良野町幾寅地区の事例
3 13:35~13:50 山本晴彦 山口大学大学院 洪水浸水想定区域に立地する老人福祉施設における洪水リスクの評価 第2報 延岡市北川地区の事例
13:50~14:00 <休憩>
第2セッション(14:00~14:45) ~座長:榊原弘之(山口大学)~
4 14:00~14:15 目山直樹 徳山工業高等専門学校 学校防災計画・事業継続計画の策定状況の把握と入手済み資料等からみた一考察
5 14:15~14:30 村上ひとみ 山口大学大学院 2018年7月西日本豪雨による倉敷市真備町洪水に関する実態調査 ―有井地区対象の避難アンケート調査―
6 14:30~14:45 西山健太 山口大学大学院 2018年7月豪雨における広島市東区の土砂災害
14:45~15:00 <休憩>
第3セッション(15:00~15:30) ~座長:鈴木素之(山口大学)~
7 15:00~15:15 黒木貴一 福岡教育大学 GNSS受信機の計測に基づくSfMの写真解析試験
8 15:15~15:30 金城海輝 山口大学大学院 SAR衛星画像を用いた岡山県真備町の浸水状況解析
15:30~15:40 <休憩>
第4セッション(15:40~16:25) ~村上ひとみ(山口大学)~
9 15:40~15:55 石井智博 山口大学大学院 衛星画像を用いた野呂川流域の斜面崩壊領域抽出の検討
10 15:55~16:10 石丸太一 山口大学大学院 ため池堤体の経年劣化に関する「内部侵食」について
11 16:10~16:25 白水 元 山口大学大学院 リモートセンシングを利用したため池背後斜面の豪雨による崩壊の検出
16:25~16:30 閉会挨拶 前部会長:山本晴彦(山口大学)

平成29年度 研究発表会のプログラムを掲載いたしました

番号 開始 発表者 所属 題名
13:00 山本晴彦 山口大学 開会挨拶
第1セッション ~座長:鈴木素之(山口大学)~
1 13:05 山本晴彦 山口大学大学院 基調講演:福岡県朝倉豪雨から学ぶこと
2 13:40 山下奈央 山口大学 2017年九州北部豪雨における福岡県朝倉市の土地利用変遷に基づく農業被害の特徴
3 13:52 白水 元 山口大学大学院 数値標高データとUAV空撮画像を用いた平成29年7月九州北部豪雨後の応急的な堆積土厚の推定
4 14:04 三津井勇佑 山口大学大学院 2017年7月中国地方西部に停滞した線状降水帯の形成に関する数値シミュレーション
14:16~14:30 <休憩>
第2セッション ~座長:山本晴彦(山口大学)~
5 14:30 田中健路 広島工業大学 2018年1月上旬に西日本で発生した潮位副振動の気象場
6 14:42 清水宗大 広島工業大学 潮位副振動の内湾での共鳴過程に関する数値解析
7 14:54 目山直樹 徳山工業高等専門学校 防府市右田地域における小・中学生への防災教育の効果の検証
-2011年と2017年の防災出前授業のアンケート結果の比較-
8 15:06 菱川恵加 山口大学 街路のブロック塀調査に基づく津波避難路の信頼性評価の試み ―愛知県田原市の事例―
9 15:18 山﨑隆正 山口大学 カルチュラル・プローブを用いた災害知の採集 ―岡山県備前市日生地区における試行―
15:30~15:45 <休憩>
第3セッション ~座長:朝位孝二(山口大学)~
10 15:45 片岡 知 山口大学大学院 平成26年8月に土砂被害を受けた広島市安佐南区および安佐北区における放射性炭素年代測定を用いた土石流発生頻度の推定
11 15:57 山﨑俊成 山口大学大学院 中国東北部の寒冷地帯における稲作拡大の要因解析第3報 温暖化による稲作期拡大および冷害リスク低減への影響評価
12 16:09 鈴木賢士 山口大学大学院 降水雲内の固体降水粒子分布と降水強化プロセス
13 16:21 竃本倫平 山口大学 降雪粒子地上直接観測によるGPM/DPR降水タイプ分類アルゴリズムの地上検証
14 16:33 南家進吾 山口大学 中国内蒙古自治区における降水量の長期変動解析
16:45 朝位孝二 山口大学 来年度部会長 挨拶
山本晴彦 山口大学 閉会挨拶

研究発表会プログラム [PDF 134kB]